TOP記事

ヒアサムっていいます。ちょっと沸いた構築が好きです。真面目な構築も考えたりします。

【ニコニコミュニティ】生放送は甘え(仮) NEW WORLD

普段はここのコミュニティで放送しています。ポケモン以外のこともやります。
 

https://twitter.com/heresome_nico2

ツイッターやってます。ポケモン以外のことのつぶやきも多いですがよかったらフォローお願いします

シーズン8使用構築 キノガッサ展開積みサイクルもどき 最高2101



種族 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
カバルドン フィラの実 地震 あくび ふきとばし ステルスロック すなおこし
ボーマンダ ボーマンダナイト やつあたり 地震 身代わり 竜の舞 威嚇
ギルガルド ハガネZ アイアンヘッド 影うち キングシールド 剣の舞 バトルスイッチ
キノガッサ 気合の襷 種マシンガン マッハパンチ がんせきふうじ 剣の舞 テクニシャン
ウルガモス バンジの実 炎の舞 ギガドレイン 目覚めるパワー氷 蝶の舞 炎の体
ミミッキュ ゴーストZ じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞 化けの皮

シーズン1振りに2100まで到達出来たので供養。
以下個別解説

カバルドン
212(228)-132-171(140)-x-110(140)-67
腕白

ガーディアン・デ・アローラ(以下GDA)で木の実を耐えるように4n
臆病アーゴヨンのドラゴンZ耐え
残りB

最近よくいる配分のカバルドン
構築的には最後に入ってきたポケモンボーマンダギルガルドあたりと相性がよく、一応電気の一貫を切っておくことで後述のキノガッサを強くする。

基本的にキノガッサから入ると決めているのであまり選出率は高くないが、相手の選出誘導などいるだけで強いポケモンだったと思う。
カバルドン対策が甘いPTには選出したが単純にカバルドンの性能が高いため選出すれば仕事をしてくれた。


ボーマンダ
メガ前 183(100)-178(180)-101(4)-x-101(4)-162(220)
メガ後 183-188-151-x-111-182
陽気
最速ジャローダ抜き
やつあたりでASミミッキュ確定
残り耐久

1ウエポンのボーマンダを序盤使っていたけどあまりにも地震を無視した立ち回りをされるため地震を採用。
羽休めを採用してないため耐久に割くメリットが少ないと感じたので遅いマンダ、早いグライオンジャローダの上を取れるようにS振り。

メタグロスボーマンダを止めようとしてるPTは大体キノガッサを倒すためにメタグロスをある程度消費してくれるので地震があるだけでイージーウィン出来ることが多かった。
耐久振ってないメガバンギラス、小っちゃいバンギラスは後出しに身代わりから地震2回で落とせたりと地震が活きる場面は多かったので正解だったと思う。

サイクル戦をする気はなく削り+積みで勝ちに行くPTなのでそういうPTなら1ウエポンよりも地震の方が相性がいいと思う。


ギルガルド
161(204)-112(252)-171(4)-x-172(12)-85(36)
意地っ張り
同速のポケモンにある程度上取れるようにS振り
Bキノガッサ
132-182(252)-101(4)-x-80-134(252)
陽気
キノガッサミラーの勝率を少しでも上げるためにB4振り

初手において削ることにおいて最強のポケモンだと思ってる。
キノコの胞子を切った理由としては明確にキノコの胞子があったら勝てるようになるPTが無いため(キノコの胞子があれば有利になるPTはある)
また、キノコの胞子を採用してなくても警戒する立ち回りをしてくれることが多いため実質的に5個技を持っているような強さが得られた。

剣の舞で拾った試合も沢山あったが、キノコの胞子が欲しいと感じた場面も沢山あったので結局一長一短だとは思う。

エレキフィールド+鋼という形でキノガッサを倒しに来るPTにはキノガッサで強引に削り処理してもらい、ウルガモスボーマンダで起点にしていく動きが強かった。



ウルガモス
181(164)-x-102(132)-180(68)-126(4)-138(140)
控えめ
メガミミロップの猫だまし+恩返し確定耐え
143ミミッキュのA2↑ミミッキュZ確定耐え
C2↑炎の舞でASミミッキュ確定。

ミミッキュで止まらないウルガモス
物理に厚くして半分回復の実を持つことで起点に出来るポケモンが多いのでこのPTで重いマンムーなど起点にしていた。

スカーフで上から止められてもボーマンダギルガルドでカバーできるためPTの相性はとても良かったと思う。
終盤はこの型のウルガモスが多かったためか、Z技を無視してカバルドンなどで胡麻化されることが多かったので来シーズン使うならまた違ったウルガモスを使いたい。

ミミッキュ
131(4)-156(252)-100-x-126(4)-148
意地っ張り

積みサイクルっぽいPTとか対面構築っぽいPTなら入れない理由がないと思ってる。
襷で生きてるキノガッサに対してリザードンYがニトロチャージしてくるとやばいのでマッハパンチ+ゴーストZ+影うちで倒せる可能性を上げるため意地っ張り。

選出に迷ったらミミッキュを出すようにしていた。




シーズン1振りに2100達成することが出来たし、終盤は2000以上で沢山対戦することが出来たので少しは自信を取り戻せたと思う。
来シーズンはもっと上に行けるよう頑張りたい。

質問などはTwitter@heresome_nico2までお願いします

シーズン6使用構築 ペンドラー展開積みサイクルもどき 最終最高約2000


種族 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ペンドラー 気合の襷 毒づき 岩石封じ 地震 がむしゃら 加速
バシャーモ バシャーモナイト フレアドライブ 飛び膝蹴り 雷パンチ 剣の舞 加速
ポリゴンZ ノーマルZ 10万ボルト 冷凍ビーム テクスチャー 自己再生 適応力
カプ・テテフ 命の珠 サイコキネシス ムーンフォース 気合玉 身代わり サイコメイカ
カプ・レヒレ 光の粉 威張る 身代わり 守る アクアリング ミストフィールド
ミミッキュ ゴーストZ じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞 化けの皮

今回も何とか2000に乗ったので供養。
1800ちょうどくらいから15連勝くらいして2000に一気に乗った。
http://d.hatena.ne.jp/heresome_nico2/20171029/1509264298
↑この構築を元にしてるのでここから変更点が少ないポケモンの解説は簡潔に。

ペンドラー
135-167(252)-110(4)-x-89-164(252)

ほとんど初手に出す。
S操作からのバシャーモ展開が強いと思ってたので展開する駒。
特性が加速のため、同じような構築の初手に対してお互い岩石封じやこごえるかぜを打った時に確実に次の行動が先制出来るのがとてもえらい。

また覚える技が優秀なため、初手のバシャーモ、ゲンガー、リザードンXYなど強力なメガ枠を一方的に倒すことができる。

上記の理由から地震と岩石封じは確定。割と一方的に突破できるポケモンが多いため加速から打てるがむしゃらが優秀だと感じた。
クレセリア、ポリゴン2といった高耐久のポケモンを削ったり、初手のボーマンダの起点にならないのも優秀だった。
これは後付けになるが、もともとのHPが135しかないためHの高さで耐久を保ってるポケモンカビゴン、ラッキーなど)にはただ打つだけでバシャーモの圏内に入れることができたのもよかった。

毒づきの枠は後続の襷がつぶせるまきびしやどくびしも選択肢だが、コケコやテテフを処理が早い方が強いと感じたので毒づき。
再生などでがむしゃらのPPを枯らしに来る相手には毒づきの試行回数が稼げるので、毒状態にし蓄積でバシャーモの圏内に入れる場面も多々あった。


あめおふではゲッコウガで使ってた枠だがどうしても2対3で数的振りを取ってからスタートになるのが弱いと感じたため、相手によっては数的有利を取れるペンドラーが優秀だと感じた。
ゲッコウガも型が豊富で読まれにくかったり、挑発を覚えるなどいい点もあるが、ペンドラーも勝手に加速バトンを警戒してくれて数的有利を取れる場面もあったので勝手にいろんな型を警戒してもらえるポケモンは強いって思った。


バシャーモ
155-189(252)-90-x-91(4)-132(252)
155-233-100-135-101-152
意地っ張りAS ダウンロード対策でD4

構築のエース
岩石封じから展開することを想定しているため守るは不採用。


高火力のフレアドライブ、飛び膝蹴りは確定としてもう1ウエポンで悩んだが最近耐久に薄いレヒレが増えてることもあり雷パンチとした。
バシャーモで起点にできるポケモンからギャラドス、レヒレに引いてくる構築には圧倒的に有利に立ち回ることができたので正解だったと思う。

ヤドランではなくドヒドイデバシャーモを止める受けループにもある程度強くなれる。


ポリゴンZ
161(4)-x-134(252)-163(60)-96(4)-134(188)

http://d.hatena.ne.jp/yuki_rotom/20170921/1505998613
↑の調整をそのまま使わせていただいた。

Bに厚いポリゴンZならバシャーモを止めに来るミミッキュボーマンダランドロスなどを強引に止めることができると思い採用。

ペンドラーから直接展開もバシャーモからの展開もどちらも強かった。
ミミッキュだけを考えるならバシャーモペンドラーにZ技を打ってくれて消費してる場面が多いのでもうちょっとCに振るなど構築に適した配分はありそうなので考えていきたい。

カプ・テテフ
145-x-96(4)-200(252)-135-147(252)
控えめCS

ありえん火力で打ち分けられるテテフ。
相手が全体的に低速もしくは早いポケモンがテテフに弱いときは初手から出すときもある。
ゲッコウガの岩石封じから展開していく動きももちろん強い。

技構成はメインの2つは確定として、めざ炎とめざ地面で悩んだがどちらの性能も兼ね備えた最強技の気合玉を採用。
身代わりはシャドーボールと悩んだが打つ場面が少ないため身代わりにした。

有利対面で身代わりを貼ると裏から出てきたヒードランナットレイジバコイルバンギラスといったポケモンを気合玉で葬り去れる。
バシャーモのおかげでドヒドイデが出てきやすいのでこの立ち回りがうまくいきやすい。

ちなみにギルガルドも身代わりをすることでH振りだけならブレードフォルムにサイコキネシスが144〜166入るので水手裏剣3発当たれば確定、2発でも高乱数で倒せる。

もちろんサイコフィールドでパルシェンバシャーモ、ポリゴンZのサポートもできるので相性も良かった。
初手も2枚目も兼ねられる優秀なポケモンだったと思う。

カプ・レヒレ
x-x-x-x-x-x
うんち

出さない。
カバルドンを選出しないでくださいとお願いする枠。
何があっても出さない。
技構成は受け狙いで適当に書いたのでこんなポケモンが強いわけがないしこんなポケモンは存在しない。

ここに解説を書くことがないので代わりに=LOVEセカンドシングルのMVの感想を書かせていただくことにする。

タイトルは「僕らの制服クリスマス」。
正直このタイトルが先に発表されたときに普通に良い曲を求めてる僕にとってはクリスマスソングかぁ…って気持ちになってしまった。

しかしながら、実際MVを見てみるとクリスマスソングではあるのだが純粋にいい曲だと思った。365日聞いていたい。

僕の推しメンの大谷英美里ちゃんは昔所属していたアキシブprojectってグループにいたときに好きになったので、その時に好きだったCandid loveや乱れ髪ファイティングガールといった曲を歌ってる大谷英美里をみたいなって気持ちは少なからずあった。
もちろんそれがかなわないことはわかっていたけれども。

でも、この曲は一番かわいい大谷英美里を更新しれくれたと思う。これから先ももっと大谷英美里ちゃんを応援していけたらいいなって思わせてくれた。
いつもふざけた会話ばっかりしてるけど、心の底から大谷英美里ちゃんがどんどん有名になることを願ってる。

↓がそのMV ぜひご覧いただきたい。





ミミッキュ
131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
意地っ張りAS

便利だし困ったときに選出しやすいミミッキュ
今回は剣の舞をした後の突破力を上げるためゴーストZにしたが、ストッパー的な役割を担うことが多かったのでフェアリーの方がいいかもしれないがSを下げてBに振ってるミミッキュが多いためミラーに強くなれたのは良かったと思う。

適当に出しても腐る場面がすくないのでミミッキュの優秀さが再認識できた。




イライラすることも沢山あったけど全シーズン楽しめたのはニコ生をやってたからだと思います。
沢山放送見に来てくれて、沢山コメントしてくれる人がいたから続けられたところもあるのでありがとうございました。

USMも放送はやるし、YouTubeの動画投稿も頑張っていきたいです。

USMはもっと結果残すぞ!!!!!!

チャンネル登録お願いします。

生放送は甘え(仮) NEW WORLD
ヒアサムのチャンネル

第七回あめおふ!準優勝 ゲッコウガ展開積みサイクルもどき



種族 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ゲッコウガ 気合の襷 冷凍ビーム 岩石封じ 水手裏剣 挑発 変幻自在
バシャーモ バシャーモナイト フレアドライブ 飛び膝蹴り 雷パンチ 剣の舞 加速
ポリゴンZ ノーマルZ 10万ボルト 冷凍ビーム テクスチャー 自己再生 適応力
カプ・テテフ 命の珠 サイコキネシス ムーンフォース 気合玉 身代わり サイコメイカ
パルシェン ミズZ つららばり 氷の礫 ダイビング 殻を破る スキルリンク
ミミッキュ ゴーストZ じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞 化けの皮

第七回あめおふに参加してきました。
結果から言うとかばんブロックを7-1で予選抜け、決勝トーナメント3-1で準優勝でした。
まだまだ煮詰められるところが沢山ある構築ですが、久しぶりに結果が残せたので記念の意味も込めて公開。

以下個別解説。

ゲッコウガ
147-116(4)-78-155(252)-91-191(252)
せっかちCS

基本的に初手に置くポケモン
相手の展開に強く岩石封じが使えるポケモンを探していたらゲッコウガが一番適任なのではないかと思ったので採用。

展開を阻害するための挑発、後続のバシャーモ、テテフ、ポリゴンZを活かすための岩石封じは確定。
残りの技は悩んだが最近多くなってる硬いミミッキュを水手裏剣で皮をはがしながらフレアドライブの圏内に入れられるので採用。
もちろん先制技として重宝される場面も多い。
冷凍ビームはガブ、ランドなどのステロを撒くポケモンの処理が早く、ジャローダ展開をさせないために採用。

基本的に引くことはせず岩石封じでバシャーモより相手のポケモンを遅くし、バシャーモの圏内に入れる。
挑発のおかげで回復技を持ったポリゴン2などの高耐久ポケモンも強引に削ることができる。

型が豊富なポケモンなのでZ技を考慮した立ち回りをされることが多く、その場合は挑発からバシャーモの起点作りが簡単にできるようになる。


選出回数 12/12

バシャーモ
155-189(252)-90-x-91(4)-132
155-233-100-135-101-152
意地っ張りAS ダウンロード対策でD4

構築のエース
岩石封じから展開することを想定しているため守るは不採用。
このオフでは守るがなくて困る場面は1試合もなかった。


高火力のフレアドライブ、飛び膝蹴りは確定としてもう1ウエポンで悩んだが最近耐久に薄いレヒレが増えてることもあり雷パンチとした。
バシャーモで起点にできるポケモンからギャラドス、レヒレに引いてくる構築には圧倒的に有利に立ち回ることができたので正解だったと思う。

ヤドランではなくドヒドイデバシャーモを止める受けループにもある程度強くなれる。

このオフでは1回も飛び膝蹴りを外さなかったのがいい結果につながったと思う。

選出回数 11/12

ポリゴンZ
161(4)-x-134(252)-163(60)-96(4)-134(188)

http://d.hatena.ne.jp/yuki_rotom/20170921/1505998613
↑の調整をそのまま使わせていただいた。

Bに厚いポリゴンZならバシャーモを止めに来るミミッキュボーマンダランドロスなどを強引に止めることができると思い採用。

ゲッコウガから直接展開もバシャーモからの展開もどちらも強かった。
ミミッキュだけを考えるならバシャーモゲッコウガにZ技を打ってくれて消費してる場面が多いのでもうちょっとCに振るなど構築に適した配分はありそうなので考えていきたい。

選出回数 4/12

カプ・テテフ
145-x-96(4)-200(252)-135-147(252)
控えめCS

ありえん火力で打ち分けられるテテフ。
相手が全体的に低速もしくは早いポケモンがテテフに弱いときは初手から出すときもある。
ゲッコウガの岩石封じから展開していく動きももちろん強い。

技構成はメインの2つは確定として、めざ炎とめざ地面で悩んだがどちらの性能も兼ね備えた最強技の気合玉を採用。
身代わりはシャドーボールと悩んだが打つ場面が少ないため身代わりにした。

有利対面で身代わりを貼ると裏から出てきたヒードランナットレイジバコイルバンギラスといったポケモンを気合玉で葬り去れる。
バシャーモのおかげでドヒドイデが出てきやすいのでこの立ち回りがうまくいきやすい。

ちなみにギルガルドも身代わりをすることでH振りだけならブレードフォルムにサイコキネシスが144〜166入るので水手裏剣3発当たれば確定、2発でも高乱数で倒せる。

もちろんサイコフィールドでパルシェンバシャーモ、ポリゴンZのサポートもできるので相性も良かった。
初手も2枚目も兼ねられる優秀なポケモンだったと思う。

選出回数 1/12

パルシェン
133(60)-161(252)-200-x-65-115(196)
Sを無振りミミッキュ-1にして残りH

下からZ打ってパルシェンとか余裕などと抜かしてるミミッキュを起点にするための配分。
最速スカーフテテフが抜けなくなるのでそれは諸説。

突破力を上げるために水Zの元になるダイビング、つららばりは確定。
Sを下げていて先制技が欲しくなる場面が多いだろうと思ったのとロックブラスト打つタイミングがそんなに多いと思わなかったので礫。

バシャを止めるボーマンダランドロスミミッキュを起点にして破ってく動きが理想。
あんまり刺さってないPTが多かったりポリゴンZでいい場面が多いのでこの枠は検討の余地があると思う。

選出回数0/12

ミミッキュ
131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
意地っ張りAS

便利だし困ったときに選出しやすいミミッキュ
今回は剣の舞をした後の突破力を上げるためゴーストZにしたが、ストッパー的な役割を担うことが多かったのでフェアリーの方がいいかもしれない。

適当に出しても腐る場面がすくないのでミミッキュの優秀さが再認識できた。

選出回数 7/12



軸のポケモンが強力かつ展開しやすいため膝さえ外さなければ勝てる試合は作りやすかった。
岩石封じは結構外したけど他の技はほとんど外さなかったのでそれがいい結果につながったと思う。

運にも恵まれ、たまたま選出や択がかみ合ったりと持っている日だったと思う。

優勝は出来なかったけど最近は予選抜けどころか勝ち越しすらしてなかったので、まぐれだと思われないようこれからもっと強くなりたい。

改めて主催のくらぴょんさんはじめスタッフの皆さん、対戦してくれた方、絡んでくれた方ありがとうございました!


ここまで読んだからにはコミュ参加チャンネル登録よろしくお願いします。
生放送は甘え(仮) NEW WORLD
ヒアサムのチャンネル

シーズン5使用構築 3秒でカバドリ〇〇〇 最終2009最高2059



種族 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
カバルドン さらさら岩 地震 あくび ステルスロック 吹き飛ばし すなおこし
ドリュウズ ハガネZ 地震 アイアンヘッド いわなだれ 剣の舞 すなかき
キノガッサ 毒毒玉 岩石封じ ビルドアップ 身代わり キノコの胞子 ポイズンヒール
カプ・テテフ 脱出ボタン サイコキネシス ムーンフォース めざめるパワー炎 寝言 サイコメイカ
ライボルト ライボルトナイト 10万ボルト 火炎放射 めざめるパワー氷 ボルトチェンジ ひらいしん
ボーマンダ ボーマンダナイト 流星群 ハイパーボイス 火炎放射 身代わり 威嚇


7世代でも「ドリュウズ」で勝つカバドリが作りたくてこうなった。
どうでもいいけど5世代のころ初めて大会で優勝した構築もカバドリガッサだったなあ・・・・
以下個別解説。

カバルドン
215(252)-132-152(4)-x-124(252)-67
腕白HD

リザードンYの極振りソーラービームを確定耐え
カプテテフの極振りムーンフォースを確定3発
メガボーマンダの極振り1段階上昇捨て身タックルを確定耐え

天候要員。カバドリを組むってところから始めてるので採用理由は割愛。
持ち物に関してはドリュウズの性能を最大限引き出すため、天候延長のさらさら岩。

配分に関してはボーマンダバシャーモが重い構築のためBにもっと厚くするのも考えたが、スカーフテテフとボーマンダが対面したときにムーンフォースに後出しからステルスロックが撒けたり、Zではない水技を耐えたり、リザードンYにボコボコにされないようこの配分になった。

技構成は最大限ドリュウズを活かしたいので安定の4枠。

ドリュウズ
185-205(252)-81(4)-x-(85)-140(252)
意地っぱりAS

1段階上昇ZアイアンヘッドでHB極振り霊獣ランドロスへのダメ178〜210(ステルスロック込みで確定)
1段階上昇Zアイアンヘッドで無振メガボーマンダへのダメ186〜219
2段階上昇ZアイアンヘッドでHB極振りカバルドンへのダメ198〜234(ステルスロック込みで下二つ以外落ちる)

言わずもがなの砂エース。

突破力を上げるためのハガネZ。ジメンZと比べた利点は大量発生してるランドロスメガボーマンダの後出しを許さないところ。
ジメンZの方が舞わずに火力が出て偉い場面もあるがドリュウズで全抜きがしやすいようにハガネZでの運用になった。

ドリュウズミラーはほぼなく、Sに補正をかけないと1段階上昇メガボーマンダに抜かれてしまうが、Sを削ってる個体、地震を切ってる個体が多いと思っていたので火力を上げる意地っ張り。

技構成は地震アイアンヘッド剣の舞は確定でいわなだれを身代わりと岩石封じで悩んだが、3割のワンチャン、ボルトロスなどへのダメージを考えていわなだれが一番勝率が上がると判断した。

キノガッサ
155(156)-150-113(100)-x-80-134(252)
陽気HBS

ドリュウズを止めに来る数値受けや、地面タイプ、テッカグヤなどを起点に出来るポケモン
配分はBによせたことで威嚇を1回入れたランドロスガブリアス地震に対して身代わりが確定で残る。
Dに厚いほうがいいと思う場面も多々あったので配分は諸説。

カプコケコ+何かで催眠体制を作ってるポケモンにはカバドリが強いので通しやすかった。

ポイズンヒールキノガッサにはめられると抜けられないPTが多数存在したため、ドリュウズが止められる構築に対しての強力な勝ち筋として使えた。

ビルド岩石封じのキノガッサが一番詰ませる性能が高いと思ってるのでこの技構成。

カプテテフ
145-x-96(4)-182(252)-135-161(252)
臆病CS

PTの潤滑油って表現がとてもしっくりくる。
余りにも初手のキノガッサに弱いのでこの技構成。カバルドン展開も強引に崩せる。

脱出ボタンの使い方
・初手カバルドンゲッコウガが対面でテテフ投げる。冷凍ビームを耐えて脱出し、ドリュウズゲッコウガを縛る。
 この場合水Zだとテテフが死ぬけど、砂1回はいるので地震で大体落ちる。

・初手カバルドンとコケコ対面でテテフ投げる。とんぼ返りならとんぼが失敗しドリュウズとコケコ対面が作れる。
 草結びでもドリュウズ対面。挑発の場合は次の攻撃を耐えて脱出してドリュウズ対面。

・あくびループをレヒレで抜けてこようとする相手に対しテテフ投げる。フィールドを取り眠らせられるので眠ったレヒレドリュウズが対面させられる。

・他にも適当にぶんなげとけばサイコフィールド下でキノガッサの有利対面作ってガルーラで抜けられないように出来るとか。


いろんな使い道があるけど、どうしてもドリュウズが水手裏剣やマッハパンチアクアジェットなどの先制技に弱いためサイコフィールドでのサポートは強力だった。
キノガッサ展開するときもサイコフィールド下で有利対面が作れるのが強かった。

配分は陽気じゃないミミッキュの皮をはがしたいので臆病。



ライボルト
メガ前 145-x-80-157(252)-81(4)-172(252)
メガ後 145-x-100-187-101-205

臆病CS DL対策であまりD

ナットレイ+〇〇の並びに強いので採用。
削れてないとドリュウズで崩しずらい水タイプやテッカグヤを削れるのが偉い。

単純に電気の通りがよい構築にはステルスロック+ライボルトボルトチェンジでサイクルチックに回すとドリュウズで簡単に勝てる。
ランドロスとかも削っちゃえば上からしばけるのも偉い。

正直使っててくそほど弱いときとしっかり仕事する時の差が大きく自分自身このポケモンのスペックを把握できてないなと思った。

ただ、ナットレイ入りへの勝率は格段に上がったので間違ってはいなかったと思う。

あと特性だが、トレースポリゴン2が後出しされるとストレスたまるし構築的に電気技に後出しする機会もほぼないため、静電気でよかったと思う。

技は外したくないのでこの4つで決まり。


ボーマンダ
メガ前 170-x-100-162(252)-101(4)-167(252)
メガ後 170-x-150-172-111-189

最初は物理の竜舞型で使ってたけど、あまりにもドリュウズと倒せるポケモン、止まるポケモンが似ていたため特殊に変更。
テッカグヤに何とか有利になったり、対面でボーマンダに強引に勝てたり、HBカバルドンに一方的に勝てたり、流星群で水ロトムドリュウズの技圏内に入れたりとドリュウズとの範囲の違いがとても優秀だった。

配分は放送でしょっちゅう突っ込まれるので一応説明すると170でも171でも天候とかステルスロックとかのダメージ変わらないのでメガ前のボーマンダでダウンロードポリゴン2と偶発対面したときに困らないようDに4振ってます!!!!!!!!

技構成は初手のジャローダ展開とか諸々ごまかせる身代わりと範囲が優秀な3ウエポン。


選出とか立ち回りとか
タイトルを3秒でカバドリ○○○とか言っておいてとても申し訳ないのだが、5世代のように迷ったらカバドリラティのように強い選出は作れなかった。

相手のPTに合わせてカバドリ+なんかで出してくことになるが、基本的にはカバドリ+ドリュウズを止めに来るポケモンに強いポケモンでいいと思う。

ドリュウズの通りが物凄く良い構築ならカバドリ+テテフって出せば大体有利になれる。

ドリュウズがあまりにも刺さってない場合やキノガッサがあまりにも刺さってる構築にはボーマンダライボルトの威嚇で起点を作りキノガッサで抜いていく選出になる。

その場合はライボルト+キノガッサ+テテフorカバ ボーマンダ+キノガッサ+カバ等


本当に申し訳ないけど3秒じゃ選出できない。本当にごめんなさい。

立ち回りは砂ターンを意識しつつうまくカバルドンで起点作ったりテテフとかをクッションにしてドリュウズで有利対面を作ることを常に意識するのが大事。

QRレンタルチームも公開しておくのでよかったら使ってみてください。
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-97F5-46F8


おまけ
5世代でカバドリ好きだったけどポケモンやめたオタク共復活してくれ頼む。

真皇杯関西予選2 ボスラッシュ使用構築 7世代適応積みサイクル


種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
カプ・コケコ 光の粘土 10万ボルト リフレクター 挑発 自然の怒り
カプ・テテフ 気合の襷 サイコキネシス ムーンフォース 挑発 自然の怒り
パルシェン 水Z つららばり ロックブラスト ダイビング 殻を破る
リザードン リザードンナイトX 逆鱗 炎のパンチ 雷パンチ 竜の舞
ミミッキュ ゴーストZ じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞
テッカグヤ 飛行Z エアスラッシュ 宿り木の種 身代わり ボディパージ

真皇杯関西予選2とボスラッシュで使った構築です。ボスラッシュの時はテッカグヤを弱点保険ギルガルドで使ってました。

真皇杯関西予選2は11人ブロックを7-3で予選抜け。ボスラッシュは19-11で全体15位とどちらも自分にしては良い結果が残せたので記事にしたいと思います。

カプ・コケコ
145-106(4)-147(252)-95-200(252)
臆病CS

初手に出して展開するポケモン
相手のPTにガルーラとかメタグロスがいるときは初手においてリフレクターでパルシェンリザードンを動きやすくする。
あとはカバルドンが重い構築なので挑発を入れて倒してもらって強引にパルシェンの起点にしないと勝てないPTには選出する。
技構成はステルスロックを何が何でも展開させないための挑発。上記の理由でリフレクター。あとは何が来ても削れる自然の怒りと有利対面で打てる10万ボルト。

リフレクターだけで粘土を持たせるのはもったいない感もあるが、Zが取られていて他に持たせるものがなくリフレクターが長くて勝てる試合も多いので間違ってなかったと思う。


カプ・テテフ
145-x-96(4)-182(252)-135-161(252)
臆病CS

初手に出して展開するポケモン
襷を持つことで対面で勝てるポケモンが増える。
ナットレイテッカグヤヒードランなどの鋼を呼ぶので挑発から自然の怒りで削ってリザードンの起点もしくはミミッキュの技の圏内に入れていく立ち回りが理想。
ボスラッシュの時はサイコショックで使っていたが、チョッキもってそうなポケモンには自然の怒り打つのとカバルドンとかへの強い打点が欲しくてサイコキネシスにした。


パルシェン
125-147(252)-201(4)-x-65-134(252)
陽気AS

リザードンを止めに来るガブリアスランドロスを起点にするためのポケモン
いろいろ考えたけどパルシェン以上にしっくりくるポケモンがいなかった。
コケコのところにも書いたがカバルドンを強引に起点にして動かすことが多かった。

ダイビング水Zの理由としては止まるポケモンを減らしたかったため。
耐久の振ってないメタグロスやH振りだけのギルガルドなど鋼でパルシェンを止めようとするPTにはそれだけで楽に勝てる。
メタグロスバレットパンチがなければ対面で起点にも出来る。

あとは回復の実持ってるやつらワンパン出来るのは偉い

陽気の理由はスカーフ持ちのガブリアスとかウツロイド

リザードン
153-182(252)-132(4)-x-105-167(252)
陽気AS

PTの軸。テテフの挑発からつなげる動きが多い。
1段階上昇だと炎のパンチで事足りる場面が多く、フレアドライブの反動込でなんとかしようとする相手に負けないように。
炎のパンチにした分瞬間火力が出せる技が欲しいのでドラゴン技は逆鱗。
水高耐久で止まらないように雷パンチ。

もちろんフレアドライブじゃない弊害も、ドラゴンクローじゃない弊害もあるが、この技構成がこのPTには一番しっくりくると思った。


ミミッキュ
131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
意地っ張りAS

初手においても、真ん中においても、最後に出しても強い。
カプテテフに鋼がポンポン投げられるので勝手にミミッキュの技の圏内に入ってくれるので相性がとてもよかった。
抜いていける範囲を広げるためにゴーストZ。

サイコフィールド下でミミッキュを動かすのに抵抗がある人もいると思うが、逆に削れたギルガルドマンムーなど遅い先制技持ちに対して皮を残して裏と対面できるのが偉い場面が多かった。

テッカグヤ
175(20)-x-123-174(252)-121-111(236)
S2段階上昇で準速スカーフテテフ抜き。

Hの20はDに振るとダウンロード対策になりますがHP172って数字が気持ち悪いので175にしてしまった。
相手のカプテテフを一応起点に出来て、一応抜いていける性能もあるので採用。

飛行Zと食べ残しは悩んだけど削ったポケモンに対して瞬間火力が欲しかったので飛行Z。
オフではテッカグヤの前で舞ったウルガモスを倒したのでまあ正解だったのかなと思う。

正直そんなに選出しない。



選出は基本的には襷+Z+メガ
カプテテフ+ミミッキュリザードン
大体これ。迷ったらこれ。

リザードンを止めるポケモンがあからさまにランドロスガブリアスのPTにはミミッキュのところをパルシェンテッカグヤ
上にも書いたけどテテフがメタグロスとガルーラに一方的にやられてしまうため、そういう時はコケコ、パル、リザ


重いポケモンはスカーフウツロイド。ほぼ無理。出さないで;;
あとはカバルドンとかポリゴン2とか硬いポケモンも重いけど頑張って削ればなんとかなるのでまぁ。


最後になりましたが、5世代の頃から大好きだった積みサイクルチックな構築でそこそこ結果残せたのが嬉しいです。
ミミッキュの登場で一線級じゃなくなってしまったPTなのかもしれないけどまだまだ戦えるしもっと強い積みサイクルを考えたいです。

5世代の積みサイクル使ってた民。帰ってきてくれ。

シーズン3で使った構築達 最終レート2006

使った期間が短かったりとか、1匹2匹コロコロ変えてたから明確にこれってのがないから割と沢山使った並びだけ書きたいと思います。


種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
カプ・コケコ 電気Z 10万ボルト 草結び マジカルシャイン 身代わり
ボーマンダ ボーマンダナイト 捨て身タックル ハイパーボイス 火炎放射 身代わり
ギルガルド 食べ残し シャドーボール 毒々 キングシールド 身代わり
カバルドン ゴツゴツメット 地震 毒々 守る 怠ける
ガブリアス 気合の襷 地震 岩石封じ ステルスロック 吠える
ガルーラ ガルーラナイト 捨て身タックル 冷凍パンチ 炎のパンチ 猫だまし

レートが1600前半にまで落ちてるどるふさんに泣きついて構築を組んでもらった。多少変えたけど。
6時間くらいやったら2000のってわろたって感じでした。

PTコンセプトとしてはカプコケコの電気Zをいかに通していくか。
ギルガルドとかカバルドンとかクッションにしつつコケコとかボーマンダで抜いていければ理想。
コケコの身代わりがめっちゃ強かった。

コケコを受かるポケモンを2体以上選出出来るPTには勝てなかったり毒外してイライラするので解散した。




種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
カプ・コケコ 光の粘土 10万ボルト マジカルシャイン 挑発 リフレクター
パルシェン 水Z つららばり ロックブラスト ダイビング 殻を破る
リザードン リザードンナイトX 逆鱗 炎のパンチ 雷パンチ 竜の舞
ギルガルド 食べ残し シャドーボール 毒々 キングシールド 身代わり
ミミッキュ ゴーストZ じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞
キノガッサ 気合の襷 種マシンガン マッハパンチ 岩石封じ キノコの胞子

7世代でも積みサイクルで勝ちたいって気持ちがあったので組んだ。
http://haruyaaa.seesaa.net/article/449798879.html この構築を参考にしてより積みサイクルっぽい感じにしたけど結果として改悪だった。

積みサイクルの動きでそこそこ勝てるのは良かったけど、ポリゴン2とかフシギバナとかしんどいのが多くて涙流した。
キノガッサとかミミッキュとかパルシェンとか見た目が好きなポケモンが多いので煮詰めていけたらいいなって思います。




種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
カバルドン 気合の襷 地震 岩石封じ ステルスロック あくび
カビゴン フィラの実 ヘビーボンバー あくび 吹き飛ばし リサイクル
ゲンガー ゲンガーナイト 祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 身代わり
パルシェン 水Z つららばり ロックブラスト ダイビング 殻を破る
テッカグヤ 食べ残し ヘビーボンバー ニトロチャージ 宿り木の種 身代わり
リザードン リザードンナイトX 逆鱗 炎のパンチ 雷パンチ 竜の舞

http://d.hatena.ne.jp/heresome_nico2/20170507/1494150091 これの選出幅を広めたやつ。
シーズン最後に2000乗っけた構築。
カバルドンカビゴンゲンガーって出しとけば割と勝てるし最悪催眠術当てれば勝てるのでレート上げるのにはいい構築かもしれない。
対戦の時間かかるけど。

初手キノガッサがどうにもならないけどそこを何とかする方法考えればシーズン4でもまだ戦える構築なんじゃないかなーって思いました。


ざっくりだけどこの辺で。詳しいことが気になる方はコメントかツイッターかニコ生で聞いてください。
http://com.nicovideo.jp/community/co3535453 コミュニティ参加お願いします。

シーズン終盤でも楽しめる配信が出来るようになりたいなって思います。
今シーズンも見守ってくれた方、沢山コメントくれた方、くそみたいなコピペばっかり貼ってた方、ソシャゲの対戦募集してた方、皆さんありがとうございました!
シーズン4はもっと高みを目指していくのでよろしくお願いします!!


最後に一押しのアイドルのMV貼っときます。気に入った人はオフで声かけてくれればアルバムプレゼントします。